教育方針PROTECTOR

を育て、知恵をみがき、光の子として歩む6年間

「光の子」とはスマホ用

城星学園にはドン・ボスコの教育方針に基づいた目指す子ども像があります。

「光の子」とは

教育の基本方針は、ドン・ボスコが示した「予防教育法」にあります。
具体的には、教師は常に児童とともにあって、児童の内に秘められている「道理」と「信仰」と「愛」の力に働きかけて、6年間を通して「光の子」を目指して努力する一人ひとりを「援助する」というものです。

人を大切にする子

だれに対しても明るく優しく接することができ、けんかをしても、互いに許し合い、受け入れ合う子ども、挨拶、会釈、言葉遣いによって感謝する心、人を大切にする心を示すことができる子どもを目指します。

ひかりのこ-1
神様、人の前で正直な子

神様をいつも身近に感じることができ、何が良いことか、悪いことかをわきまえ、正しい判断力を養い、善い行いを喜びを持って実行できる子どもを目指します。

ひかりのこ-2
隣人の必要に気づく子

「隣人をあなた自身のように愛することが一番大切な掟です」とキリストは説いておられます。
自分のことだけでなく、思いやりの心を持って隣人との共生ができる子どもを目指します。

ひかりのこ-3
乗り越える勇気をもつ子

ドン・ボスコは、大きな困難に出会った時のことを、大きな岩が進むべき道をふさいでいることに例えられました。
岩を登ったり、回り道もできるし、たとえその時は無理であったとしても、時がたつにつれて、必ず乗り越えることができるようになるというものです。
子どもたちは成長するに伴い、いろいろな困難に出会うでしょうが、ドン・ボスコの例えにあるようにいろいろな方法を考え、前向きに進んでいく子どもを目指します。

ひかりのこ-4
根気よく最後まで取り組む子

勉強も、係の仕事も、自分が決めたことも、目標を目指して根気よく努力し、成し遂げた時には大きな喜びを味わいます。
近道を考えず、一つひとつ仕上げていく、また、目標に向かって一歩一歩近づいていくことが大切です。
何事も根気よく、忍耐強く最後まで取り組む子どもを目指します。

ひかりのこ-5

教育重点目標

初等教育は、「読み・書き・計算」が基礎
1. 母国語を大切にしています
  • ・国語科授業の刷新を図り、読む、解く、書くを機能的に入れた形態を実践しています。
  • ・漢詩文、和文(古典)、現代文などの素読が日常化されています。
  • ・漢字の読み先習に取り組んでいます。
  • ・漢字検定を全校で導入し、実施しています。
  • ・斉読を復活させ、高らかに読む喜びを味わっています。
  • ・子どもたちは、9日間の徳の花(善行)をして、それを捧げます。
教育重点目標-1
2. 筆算重視の体系をつくっています
  • ・入門期から四則計算の確立まで、筆算体系の計算法ですすめています。
  • ・図や表、設問に至るまで書いて考え、考えて書きます。
  • ・家庭学習は一日も休まない計算ノートが習慣化されています。
教育重点目標-2
3. すべての教科に「書く」ことを採り入れています
  • ・日本語のもつ縦書きの特性を視写で学びます。
  • ・計算は筆算でノートを埋めていきます。
  • ・音楽すら、写譜能力を高めています。
  • ・平面図も立体図も、先ずは正確に書きます。
  • ・実験、観察記録はひたすら書いていきます。

教育重点目標-3

教育重点目標-4