はばたけ!“城星っ子“JOSEI KIDS

教育方針に根ざした教育によって、
児童一人ひとりに秘められていた
「道理」「信仰」「愛」の力が現れた事例。

おにぎり弁当

自らの痛みを伴う行為によって、国内外の困っている方々へ寄付を!

昭和60年度の卒業生の男の子たちが、6年生の時に学級会の中で「自分たちが困っている人々に何か出来ることはないだろうか?」と考えて始めたのが、このおにぎり献金の由来です。
すでに、四半世紀の歴史があります。

月に一度、第一水曜日を「おにぎり弁当の日」として、子どもたちはおかず代を献金して、食べるものに不自由している国々の子どもたちへ送っています。

おにぎり弁当-1
おにぎり弁当-2

アルミ缶集め

子どもたちが、大阪市内の混んでいる電車にもめげずに
たくさんのアルミ缶を持ってきます。

家庭で集めたアルミ缶、プルリングを学校に持ってくるように呼びかけています。
子どもたちがアルミ缶をつぶし、換金したものをおにぎり献金と合わせて送っています。

アルミ缶集め-1
アルミ缶集め-2

おはよう当番

みんなのために、雨の日も風の日も、自らがお手本を示します。

あいさつは、人間関係をスタートするためのコミュニケーションの第一歩です。
相手の目を見て、明るく、元気よく、心を込めてするのが挨拶の基本です。

通り過ぎる児童や、恥ずかしそうに小さな声であいさつする児童もいます。
「全員が気持ちのよいあいさつができるようになろう!」ということで、6年生が自主的に校門に立ち、朝のあいさつのお手本を見せるようになったのが「おはよう当番」のはじまりです。
この当番は、後輩へと受け継がれ続けています。

あいさつしながら心のボールをなげ、相手もあいさつしながらボールを返す。
「あいさつ」を通して心のキャッチボールが行われることを体験することで、 子どもたちはあいさつの大切さを学びます。

おはよう当番-1
おはよう当番-2